早漏はなぜなるのか?

射精のタイミングをコントロールできずに、想像より早く射精してしまうことを早漏と呼び、満足な性行為ができないことを指します。男性にとっては自信が喪失するような問題ですが、同様にパートナーも満足できずに寂しい気持ちにもなります。どちらか一方の問題ではなく、両方にとって重要な問題となるのが早漏です。若い内から早漏で悩む人もいますが、若い内は大丈夫だったのに年を取ったら早く射精してしまうようになったという人もおり、その症状や要因は実に様々です。早漏の原因は大きく分けて2つになり、精神的な問題からくる心因性と、肉体的な問題からくる器質性があります。心因性は、仕事や家庭などからの過度なストレス、性的な経験の不足からくる不安、過去の性体験によるトラウマなどがあり、初体験のときにあまりの緊張で、挿入した瞬間に射精してしまったという人が、その後にまで引きずって早漏になることもあります。器質性の場合は、性行為の経験不足や包茎の人が、陰茎への刺激に敏感になりすぎてすぐに射精してしまったり、その他の性器に関わる疾病によって射精がうまくできないことから早漏になることもあります。陰茎が敏感になりすぎる人は、経験によって神経にその刺激を慣れさせれば問題はないので良いのですが、たまに器質性と心因性の複合的な症状が現れる人がいて、そうなると治療が困難になる場合があります。酷い場合は排尿をするような勢いで射精をする人もいるので、こうなると素人が改善できる問題ではなくなるため、専門の医師に相談する必要がでてきます。基本的には早漏になる原因を取り除くか、射精を上手くコントロールできるように改善をしていくのですが、場合によっては包茎手術などを行うこともあります。

早漏の改善・予防方法について

早漏の克服や治療に関しては、以前から様々な方法が講じられてきました。具体的には、食事療法をはじめ、薬物療法や早漏を防止するスプレー、早漏を防止するグッズやサプリメント、筋肉のトレーニングや行動療法などです。全ての方法には、明確な理由などがありますが、得られる効果には、一長一短が付きまといます。よく見受けられる短所としては、高額な金銭的負担や、効果を感じるまでに時間がかかってしまうといったことです。そして、絶え間ない努力や、日々継続しなければならないという事もあります。年齢が若いのであれば、日々継続的に早漏対策を行い、治癒を目指すということも苦ではありませんが、若くない場合、気持ちが焦ってしまうことでしょう。そのため、治癒させることができず、途中で諦めてしまう方が多いものです。脳科学と心理学は早漏と深い関連性があることは、多くの方に認知されていますが、脳科学と心理学の観点から早漏について考えた場合、脳を変化させることにより、早漏は回復させられると言えます。具体的に示すと、潜在意識と脳内のホルモンを活発にさせることにより、要因を根本的に解決させるということです。この方法では、金銭的負担をする必要は、ほぼありません。科学的な事柄と、医学的な根拠に基づいて治癒を目指す方法なので、絶え間ない努力をする必要もありません。こうした事から、どのような方法でも三日坊主で終わってしまうような方であっても、実行できますししっかりと効果を得ることができます。早漏を克服する上で大切なのは、自分が行っている方法を信じるということです。精神的な事柄と深く関与しているからこそ、自分に疑いの目を向けることなく、頑張りましょう。

早漏の治療方法は?

早漏の治療方法として、素人男性でもコツコツ取り組めるやり方があります。そのやり方とは、マスターベーションによる射精中枢のコントロール訓練です。早漏とは要するに脳の信号の伝達速度が早過ぎる事です。マスターベーションを意識的に行う事で、その脳内の過剰な働きを抑制し、自力で射精時間のコントロールを目指す、という方法があり、それは個人で取り組めるため、初期投資が掛からずお得になります。やり方は極めて普通です。普段通り性的な映像などを視聴しながらペニスを勃起させ、陰茎を手や指で刺激します。その際、気をつけたいのが射精に至りそうな気分が湧き上がった時は、素早く手を離す事です。そのまま射精しては、単なる快楽を追求したマスターベーションになりますが、射精の一歩手前で手を止めるやり方なら、脳の射精タイミングを上手く自力で抑制できます。しかし、永遠とマスターベーションと射精の我慢を繰り返しているだけではストレスになるばかりです。我慢するのは最初の三回のみ、四回目に射精の気分が湧いた時はそのまま精液をティッシュに出しましょう。早漏対策のトレーニングとして、マスターベーションを使った脳内コントロールは有効性が専門家によって認められています。その際、マスターベーションのスタイルは基本的に自由です。仰向けになり陰茎を布団や床に擦り付ける、いわゆる床オナ以外であれば、問題ありませんし、オナホールを使ったマスターベーションも女性器に近い臨場感を得られるため、むしろ早漏対策のトレーニングとして効果的になります。またマスターベーションの際に利用するAVも、強引に女性をセックスする内容ではなく、スローペースなピストンやペッティングがある穏やかなものに乗り換えれば、射精中枢のスロー化が効果的に図れます。

■早漏にお悩みなら治療薬の使用もおすすめです
リドカイン配合薬を使ってみよう
プリリジー

ページの先頭へ戻る