性欲が暴走しすぐに精子が出てしまう早漏の問題

日本人の半数以上が早漏というデータが出ております。早漏は自らの性欲が暴走してしまって結果として意志とは関係なく早い射精をしてしまう現象です。女性によっては怒りを覚えてしまうことにもなるので注意が必要です。性行為は男性と女性が満足しあうことで成立するものですから、自分の気持ちを優先し暴走してしまうと人間関係に支障が出る問題にもなりかねません。早漏になってしまう原因として男性の遺伝子が原因になっているというデータがあります。これはセロトニンという遺伝子が原因になっていてこれが減少することによって早漏になりやすいと言われています。セロトニンが減ると快感物質といわれるドーパミンの分泌が抑えられなくなり、結果として感情が暴走してしまうことになり早漏になるということです。また原因として加齢によるものもあると言われ、精子を出すことを我慢する筋肉が弱り、コントロールできなくなってくると言われています。ただし悪いことばかりではなく、早漏の人はカウパー液の分泌が早いと言われており、カウパー駅とは精子を守る働きを持っているのですが、基本的に女性内部を潤す働きがあります。これらがきちんと分泌されているということは女性を守り、精子を守るという男性として大切な機能を強めていると言えます。しかし本来は時間をかけてパートナーと行為に及ぶべきであり、赤ちゃんを作るという点で見ると、妊娠するための確率を上げるためにもきちんと準備を整えるためには時間をかけたほうが良いと思います。しかしそれが難しい早漏の方は、何度も行為に及ぶことによって確率を上げていくのが良いと思います。体力的に無理のでない方法でパートナーと相談していくと良いと思います。

ページの先頭へ戻る